「印刷に異様な時間がかかる」についての臨時的な対処

2012年10月09日 22:58

Windows版FileMakerで、印刷に異様な時間がかかるという方が度々いらっしゃいます。このブログ以外、まともにこの問題を取扱う場所が無いためか、「FileMaker 印刷 遅い」といったアクセスが、毎日10件前後あります。特に、印刷やデザイン業界のユーザーに多いのだろうと思います。

本来はきちんとまとめ記事を上げるべきですが、間に合っていないので、臨時的にこの記事を投稿しました。FileMakerのWindows版で印刷に異様な時間がかかっている方は、以下の記事を参考に、問題が解決する可能性があります。



Comment(1) | TrackBack(0) | FileMakerについて

Google App Engine SDK 1.7.2 リリース

2012年09月20日 19:34

FileMaker全然関係ないです。


GoogleのApp Engine、SDK 1.7.2が出ました。バグフィックス中心で、新機能や変更は少なめ。

ざっくり訳します。

バグフィックス
App Admin
  • 課金設定済みのアプリで、コード+ファイルが1GB以上アップ可能に
  • 1GBは無料クォータで、それ以上は 1GBあたり$0.13(月額)
ランタイム環境
  • Python2.7ランタイムでPyCrypto2.6を完全にサポート
  • JavaランタイムではThreadを完全にサポート
Task Queueの統計
  • AppからTask Queueのキュー数や直前の実行レートなどが取得可能に
外向きソケットのテスター募集
  • 外向きソケットの信頼出来るテスター募集中
  • 興味があったらフォームから使途とか教えて


ログのタイムゾーンが選べるようになったり、地味に嬉しい。dev_appserverのズレが少しでも減るのも嬉しい。でも地味。

アプリケーションファイルの容量制限解除って、cloud storage出てても要望あったんですね。Task Queueの統計はインスタンス数調整なんかに使えるかな。

Comment(0) | TrackBack(0) | その他

バグ:レイアウト名の変更が「レイアウトの管理」ダイアログに即時反映されない

2012年09月20日 11:07

また小さいバグ。

この手のアプリケーションだと、UIのテストってどう自動化してるんですかね。細々したバグが多すぎるんで、してないのかも知れません。

Comment(1) | TrackBack(0) | FileMakerについて

バグ:レイアウトオブジェクトの連続複製時に複製位置がずれる

2012年09月12日 14:31

FileMaker 12のバグです。

レイアウトオブジェクトの複製は、連続で行う場合、最初の複製で指定した位置関係を、続く複製で維持してくれます。大量にオブジェクトを作ったり、一定間隔で罫線を置いたりといった場合に便利な機能ですが、これがずれてしまうバグがあります。

詳細は、公式フォーラムのバグレポートに挙げました。

ゆっくり複製すれば問題ないんですが、引っかかると効率落ちて気分悪いバグです。

しかしこの手の小さなバグ多いんですが、FileMaker社の人って、自分たちの製品で凝ったソリューション組んだりしてみないんですかね。それとも、判明してるけどリリース優先なのかな。いっそBTS公開してくれたら嬉しいです。

Comment(0) | TrackBack(0) | バグ・不良

FileMaker Go製のツール「 DQ10 『職人のオトモ』」

2012年08月22日 12:25

4ヶ月ぶり。

「DQ10 『職人のオトモ』」という、FileMaker Goを使った一般向けのアプリ風ソリューションが配布されています。知る限り、こういう非業務向けの用途で一般に配布されるGoのファイルは初めてで、興味深いです。

続きを読む

Comment(0) | TrackBack(0) | FileMakerについて

FileMaker Go 単体でお絵かきアプリっぽいことやるテスト

2012年04月27日 00:06

外部のアプリを使わず、Go単体でお絵かきアプリっぽい事をやってみました。Webビューアとcanvasとdataスキーム使ってます。取り敢えずiPhoneのみ対応。

途中、馬鹿な思い込みをして「GoでGetLayoutObjectAttribute()がJSの結果を返さなくなってる」なんて嘘をTwitterで流してしまいましたが、指摘してもらえて助かりました。

ファイルはいつものようにパブリックドメインに置きます。.fmp12ファイルを直に置いてるので、無料のGo12が入ったiPhoneで開けば、そのまま起動できます。

ぎこちなさは色々あるけど、現状のGoだけでこういう遊びができるのが確認できた。次はbase64をどうにかファイルに持ってくる方法を考えないと。それにしてもGoはもっさり。サムネイルでも生成してやんないと、Webビューアのデコードに時間かかりすぎです。

Comment(0) | TrackBack(0) | 設計・作り方

Windows用FileMakerクリップボードリソース編集ツール『FMClipboardEdit』をver.12に対応

2012年04月10日 17:23

FileMakerからクリップボードに取得できるリソースを、テキストで編集するためのWindows用自作ツールFMClipboardEdit』を、FileMaker 12に対応させました。

動作には.NET Framework 4が必要です。ライセンスはいつも通りパブリックドメイン。ソースはカッコ悪いので配りませんが、実行ファイルは配ろうが売ろうが自由です。

なお、対応させたといっても、新しいレイアウトオブジェクトのフォーマット「Mac-XML2」と、自分がver.10止まりだったため放置していたカスタム関数のフォーマット「Mac-XMFM」を取り扱えるようにしただけです。

元々本当に最低限の機能しか無い上に、「Getで検出済のタイプしかSet出来ない」というしょーもないバグもあり、他にも問題があるかも知れないので、了承の上お使い下さい。

使い方はツール同様シンプルです。

  1. FileMakerからテーブルやスクリプトなどをコピー
  2. FMClipboardEditで「Get Clipborad」
  3. エディタ部にコピーしたリソースのXMLコードが入力される
  4. コードをいじる
  5. 「Set Clipborad」でクリップボードに書き戻す
  6. FileMakerに貼り付ける

コピー可能なリソースが限られるので、Advancedでないと活用しにくいかも知れません。Advancedであれば、大量のレイアウトオブジェクト生成や、ver.12でも対応していないTOの一括書き換えなど、便利なシーンが沢山あります。ver.12ではレイアウトオブジェクトがCSSでいじれるので、エディタのマクロなどもうまく使えば、色々楽ができるかも知れません。

ver.12が出て、しばらくはフォーマットも安定するだろうから、もうちょっと気を入れて、スニペット管理機能ぐらいは付けたいです。

Comment(0) | TrackBack(0) | FileMakerについて

ExecuteSQL()とかテーマとCSSとか

2012年04月09日 16:00

ExecuteSQL()

困った仕様も多そうだけど、List()やGetNthRecord()と同じく便利な状況もありそう。

マニュアルは相変わらずそっけなさ過ぎ。

どこかでドキュメントが出るんだろうけど、ざっと見て分かったのは以下。

  • "?"プレースホルダを使ったバインドが可能(値はオプションとなってる第4引数に指定)
  • クエリのターゲットはテーブルではなくTO(テーブル名ではエラー)
  • 返り値は単一のテキスト…(フィールドとレコードの区切り文字は任意で指定)
  • SELECTはJOINとかUNIONとか効くけど、INSERTとかダメ?
  • Evaluate()通して実行した場合、エラーコードに"8309"とか"8310"とか返るのはどうしたものか

返り値がテンポラリなTOとして使えるとかいう仕様だったら感動したんですが、FileMakerはFileMaker…。FileMaker Dictionary 関数(bidonさんの記事です)とか導入するか、長めのリテラル区切りにしないとダメ。

テーマとCSS

わかったこと。

  • スタイルのエンジンはwebkitベース
  • 独自のセレクタやプロパティが追加されてる
  • 組み込みのテーマが40個(うち5個がGo向け)
  • テーマは以下のファイルで構成
    • manifest.xml:定義ファイル
    • manifest_言語コード.xml:言語別定義ファイル(manifest.xmlにオーバーライド)
    • テーマ名.css:メインのスタイルファイル
    • テーマ名_言語コード.css:言語別スタイルファイル(manifest_言語コード.xmlで読み込み指定)
  • テーマからは画像なども読み込める
    • 組み込みは全てPNG
    • SVGとか他のフォーマットが使えるかは不明
  • 内容がテキストのファイルは全てUTF-8のBOM付き
  • 自前のテーマも\Themesに放りこめば認識される
  • テーマのコードを変更した場合、反映されるのに条件がある?
  • セレクタ
    • :droptarget とか :normal とかの独自擬似セレクタあり
    • .self とか .icon とか .inner_border とかのクラスもあり
  • プロパティ
    • text-shadow とか trasition とか無視されるプロパティいっぱい
    • box-shadowはなぜかFileMaker側UIから触らせないけど有効
    • width とか height とか float とか display とか持ってるけど挙動がはっきりしてないものもある

独自のセレクタやクラスは調査中。そのうちドキュメントは出るだろうから、それまでの繋ぎとして自分用に解析を進める。先々、テーマを作って共有できるサービスを作る予定。

その他

レスポンス

レイアウトエンジン変わったためか、描画が全体的にもっさりしてます。ver.7登場時にも言われてたみたいですが、今回も結構目に付く。ver.11で実用上問題なかった無理な描画も、12ではもっさりすぎて使えないかも。Evaluatorとか。これから最適化されるんでしょうか。

ヘルプの誤植

ローカライズを中華の人に外注したのか、「関数」を「函數」と表記している箇所が幾つもあります。厳密に言えば間違いとは言えないだろうけど、校正不足っぷりが嫌な感じ…。

バグ

すでに幾つか挙がってるみたい。でも探しにくい。

取り敢えずナレッジベースのRSSが取れるようになったのだけでも、昔よりはましか。

Comment(0) | TrackBack(0) | FileMakerについて

FileMaker Pro 12 レイアウトオブジェクトの内部コード

2012年04月05日 10:10

せっかく覗いたのでメモ。

コードはgistで貼ってるので、JavaScript動かないと見えません。ちなみにHTML扱いしたらハイライトしてくれた。


XML部分は従来とあんまり変わらないっぽい。見るべきはCSS部分で、多くの指定はWeb標準にあるもの。

独自指定はベンダープレフィクスとして「-fm-」付けていて、-fm-font-family(MS P明朝,shiftjis)なんていう面白いものも。"Self"セレクタによる自オブジェクトの扱いと、".inner_border"とかいうclassも面白い。

こういう構造であれば、FileMaker離れた独自のエディタ作って、クリップボード経由で放り込むのもあり得そう。


Comment(0) | TrackBack(0) | FileMakerについて

FileMaker Pro 12がリリースされました

2012年04月05日 00:35

待たせているお客さんもいるので早目にレビューしたいですが、時間取れなさそうなので、ひとまずめぼしいところをメモ。

Comment(0) | TrackBack(0) | FileMakerについて
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。